WEBは蜘蛛の巣を張り巡らすイメージです

WEBは蜘蛛の巣を張り巡らすイメージです インターネットへパソコンを使用して、クリックでアクセスをするとその画面が変わります。この画面上の移動をWEBと表現します。また別のファイルに画像をドキュメンタリー化する事もWEBと表しますが、その複雑した蜘蛛の糸の様に張り巡らす事からWEBと表現する経緯があります。ですから蜘蛛の糸の様に絡まるイメージですが、多様な情報が発信されていします。そこには、検索をすると即座に膨大な情報が見つけられる魔法の様な通信システムの便利さがあります。それは、通信サービスの開発と改善から作られた近代の通信・発明システムです。

そのWEBは、〔インアタネット・サーフィン〕や〔ワールド・ウェーブ〕と言った言葉からイメージされる文字と画像、動画から作られます。それは、WWWで使われる技術からインターネットが、画像変化していきます。そこから膨大な情報が、手に出来ます。その活用は、生活になくてはならない必需品になっています。そこから気軽にWEBで、インターネットからアクセスが出来ます。

そのWEBは、世界中に蜘蛛の巣の様に張り巡らすイメージから来ていますが、実際に世界を繋げる通信ネットワークです。そこにはネット環境があれば、世界中で活用が出来ます。また、それを通じて世界中で情報の発信が可能です。

お役立ち情報